リフォームをお考えの方はこちらから 新築をお考えの方はこちらから
フィイスブックをされている方は下の「いいね!」ボタンに協力お願いいたします。ブログ記事はFACEBOOKウインドウの下からです。

若き建築家来社

今日もぽちっとブログランキング晴れ 晴れ

「LOHASな家」の紹介はこちらをクリック!

今日はワンズスタイルに若き建築家がやってこられました。
八幡浜の昭和建設 氏間さんです。
2人でちょっと密談。
そして2人でちょっとお出掛け。
何の?
それは内緒。
ただ珍しく真剣にお仕事の話。
とだけ言っておこう。
まっそんなに大げさな話ではないのですが・・・

用事を済ましてその後、2人で焼肉にくりだしました。
昭和建設 氏間さん
男2人で色々話す。
歳も近いし、志向も近い。
いつも良い情報交換できます。
夜の席は僕達経営者にとって最高の情報交換の場です。
本音で話せる数少ない時間。
特に二人だけだから濃い話できます。

仕事上でもこれからも色々コラボできたら楽しいね。

しかし!!ちょっと食べ過ぎた・・・。

←これを押してランキングに協力して帰ってね!


PR
現在家創りを予定されている方、よければ「LOHASな家」を選択肢のひとつにしてみませんか?
今ならお年玉企画でかなりお得になってますよ。(2名様限定
キャンセル可能ですので、まずはお申込みをしてみてくださいね。

お年玉キャンペーンの御問合せや資料請求は下記の連絡先にお電話、FAX、メールからお願いします。お問合わせ時にはお名前、ご住所、ご連絡先をお伝えください。
訪問営業などは一切行っておりませんので、安心してお問合せください。

***************************
最後まで読まれた方はこちらへ協力お願いします。
***************************

ワンズスタイルHP(ベータ版)http://ones-style.com

今井工務店さん

今日もぽちっとブログランキング晴れ 晴れ

西条市の今井工務店さん今井専務と情報交換をさせていただきました。
色々苦労しながらも少しずつ芽が出てきているようです。
事業計画書も見せてもらいましたが、今井専務の意気込みが伝わってきます。
5年計画で年間50棟を目標にされています。
目標は高く、そしてはっきり書き出すのが大切ですよ
とアドバイスを受けました。

経営革新企業として愛媛県からも認められた理由がよく分かりました。
他にも色々ためになる話を聞かせていただきました。
方向性は微妙にワンズスタイルとは違いますが、ゼロからのスタートというのにここまで明確に目標と計画を立てておられる今井専務はすごいです。
土建からの脱却!を旗印に本当に頑張っておられます。
いいなと思った事はすぐやる事にしています。失敗した時の事なんか考えません。
凄い行動力!見習わないといけませんね。
実際何でもそうですが、やらないと何も見えてきません。
失敗を恐れて動かないと結局失敗します。失敗の先延ばししているだけ。
まずチャレンジする事。
これが大事。
そして明確に目標を打ち出す。
そして長期的視野を持つ。短期的に考えるとどうもうまくいかない。
結局場当たり的になってしまう。

神野さんのやりたい事、頭にいっぱいあるはずですよ。それを書き出して具体的にするだけですよ。
事業計画書作成の奨めを受けました。
現実、融資先や取引先、仕入先の対応が事業計画書を見せることで全く変わったらしいです。
これから僕も日々の仕事と平行して真剣に取組んでみるつもりです。

最後に
神野さんのその理念と知識はうち(今井工務店)なんかよりよっぽどしっかりしているのだから、うまくいかない要素はないですよ。アピールの仕方に問題があるだけだと思いますよ。
とのお言葉。
お世辞も混じっているだろうけど、同業者に認めていただくのが一番自信になります。
自分でも理念だけはどこにも負けないと思っている。そしてお客様に絶対利益をもたらす自信があります。
それをいかに分かり易く伝えるか?なのだと思う。

ワンズスタイルで家を建てる事がいかに幸せなのかをうまく伝えていきたいですね。

今井専務良いアドバイスありがとうございます。
今度、意見交換会(=飲み会)ぜひ松山でやりましょう!

***************************
皆さんに役立つ情報を!ブログランキングにご協力をお願いします!
***************************
ワンズスタイルHP(ベータ版):http://ones-style.com
(お問い合わせはこちらから)


 

ガス設備勉強会

今日もぽちっとブログランキング晴れ 晴れ

建築士会主催のガス設備勉強会に行ってきました!
四国ガスさんで半日みっちりガスのお勉強。



色々知らない話もあり、「勉強が足りないなあ」と正直思いました。

でも座学より実物説明の方が楽しいですね。
後半は最近のガス機器の説明を受けました。



特にIHヒーターガスコンロとの比較はおもしろかったです。
四国ガスさんの研修なので、多少ガスコンロ寄りの説明になっていましたが最近のガスコンロの性能はすごいですね。機能ではIHには敵わないという事はもうありません。安全性も確保されています。

まあ実際は一長一短で、IHにはIHの良さがあり、ガスコンロにはガスコンロの良さがあるといった所ですか。
料理好きの人はガスの方が良いかもですね。IHでは中華なべをふるうとかいう使い方は出来ませんから。
実験で実際にピラフを作ってみたのですが、ガスで作った方がふんわりしている気がしました。(先入観もあったかも?)



でも劇的な違いではないですね、正直。
ビックリするのは昔はIHはガスコンロより高いと思っていたのですが、今はIHもガスもほとんど同じ価格ですね。結局同じような機能をつけたら高くなったんでしょうね。安全性が向上したのだから良しとしないといけないかな?

あと、温水床暖房やミストサウナの体感なども。
不可能だった床暖房用の無垢フローリングも開発しました!とアピールも・・・。床暖房用の無垢フローリング、ワンズスタイル前から持ってるよ?と思いつつも無垢でも床暖房が出来るんだという認知を多くの皆さんにしていただけるのは良い事ですよね。
まあこういったものは付加価値なので住宅を考える上での優先順位的には低い気がしますが。

四国ガスさんもコスト的には電化住宅には敵わないのをやんわりと認めている感じで、あまり電化とガスとのコスト比較の話は出てきませんでした。
コストを考えると電化住宅ですかね〜やっぱり。
料理好きの方はガスがお奨めかも?

IHを敬遠される方は電磁波の影響を考えられている方が多いので気になるならガスで。
でも正直、IHからそこまで電磁波影響はないですよ。普通の家電品と同じです。ホットカーペットやドライヤー、電気髭剃り、携帯電話などの方がよっぽど影響を受けます。電磁波は発生源と距離が関係するのでIHは10cm以内に近づかなければさほど・・・。反IH派の情報はプレートに測定器をくっつけて計ったりしているので現実の使用環境にそぐわないデータが出ているようですよ。最後は自己判断になりますけどね。

機器の値段は双方変わらないのでお好みで選択したので良いかな?と思います。
(でも多機能ガスコンロは結局100V電源が必要みたいです。電気を引っ張ってこないといけないのなら・・・と考えなくもないですが・・・。)

勉強会を後にして、そのまま建築士会の皆さんと一緒に交流会へ・・・。
新たな出会いもあり有意義な勉強会でした!

皆さんに役立つ情報を!ブログランキングにご協力をお願いします!

ワンズスタイルHP(ベータ版):http://ones-style.com
(お問い合わせはこちらから)


SHIP高橋さん、松山来たる!

今日もぽちっとブログランキング晴れ 晴れ

SHIP取締役の高橋さんと久々に会いました。

松山にセミナーの講師として来られたのです。
僕もセミナーの受講と「住まいの試着アドバイザー」の認定試験を受けに行ってきました。
試験の方は・・・・、ギリギリ合格!(良かった!)
後日、認定証が送られるようです。
セミナーも以前聞いた時より内容も充実していて勉強になりましたよ。




セミナー終了後、「ちょっと時間があるので・・・」と言う事で高橋さんにワンズスタイルまで来ていただきました。
そこで最近の情勢や今後のビジネス上の仕掛けなど色々とお話を。途中で昭和建設の氏間さんも合流し、3人でWEB2.0時代のマーケティングに関連するお話。
ついでに我が愛犬チロルの紹介も・・・

そのまま3人で街に繰り出し、セミナーに参加していた蠅わにしの塩出社長、ヴィンテージアイモクの石本さんと合流し、夜の会へ・・・



いつも思う事ですがセミナー後の夜の会の方が本音トークが出るの絶対お奨めですよ。

SHIP高橋さん、濃密した1日ありがとうございました。


皆さんに役立つ情報を!ブログランキングにご協力をお願いします!

ワンズスタイルHP(ベータ版):http://ones-style.com
(お問い合わせはこちらから)


価値で選びたい

今日もぽちっとブログランキング晴れ 晴れ

「口がもう少しうまければなあ」
いつも思う悩みです。
口がかなり下手。
だから営業も下手。
口で言いくるめる営業の人もいるけど、自分にはとても出来ない。
ある種うらやましい。

でも僕らの仕事は手創りの仕事だから、口のうまさなんて関係ないはず。
営業マンが良い人だから家を建てるなんて考えられない話だけど現実には多い話。
お客様の夢や想いをかなえる発想と技術があるかどうかが実際には選択基準のはずなのに、実際はそうではない。

住まいは「価値」で選びたい。

ハウスメーカーなどという商売が成り立っているのは実は日本だけらしい。
他の国ではハウスメーカー(住宅販売業)などという摩訶不思議な商売は無いらしい。
日本人の多くは建築業である工務店で直接家を建てたら済む話なのに名前と安心?を買うみたいですね。
まあハウスメーカーを否定はしないですけど。
施主が楽できるシステムを提供しているのは間違いないでしょうからね。
アフターメンテナンスも恐らくしっかりやってくれるでしょう(7〜8年間は)。

ハウスメーカーの粗利益は40%前後とよく言われています。(粗利益とは請負金額から工事に直接掛かる原価を差し引いた金額を言います)
あれだけの宣伝広告やモデルハウス建築、営業費用などを考えると当然この程度は必要でしょう。
対して工務店は幅が大きいと思いますが15〜25%、多くても30%程度ではないでしょうか?

という事は3000万円の建築費を支払うと
ハウスメーカーの家は実質1800万円となります。
工務店の家は(粗利益20%と計算して)2400万円。
その差、約600万円。
さらにハウスメーカーは直接家を建てず下請け工務店に発注するからここでまた工務店の粗利益が発生。
計算すると1800万円の8割だから・・・1440万円ですか。
実際にはスケールメリットを生かした資材割引があるからそれを考えても1600万円位でしょうか?(通常より1割安く買えるとして・・・1440万円÷0.9=1600万円。ちょっと乱暴な計算ですが・・・)
同じ3000万円の費用で2400万円の価値の家と1600万円の価値の家。
価格差800万円が営業マンの笑顔と安心料なのでしょうね。

選択権はいつでもお客様ご自身にあります。

出来ればイメージや付加価値ではなく住まいそのものの価値を見てほしいですね。

ちなみに住宅は坪単価表示で選んではダメですよ。総額表示で選びましょう。特にローコスト系住宅は。
今後のライフスタイル、イニシャルコストとランニングコスト、耐久期間など全体の事を考えて家を建てるのがベストですよ。
機会があればローコスト系住宅の安い坪単価表示のからくりをお教えしますね。

ブログランキングにご協力をお願いします!

ワンズスタイルHP(ベータ版):http://ones-style.com
(お問い合わせはこちらから)


点検商法って

*******************************
10月28日、29日は「ウッドデッキ&エクステリア フェア」です。
お時間があれば遊びに来てくださいね〜

*******************************
今日もぽちっとね晴れ 晴れ

訪問販売は気を付けてくださいね。
いわゆる点検商法は未だに横行しているみたいですね。

ご近所の方から「瓦を見てほしい。」との依頼。
通りかかった屋根屋さんに
瓦がゆがんでいるから直した方が良い。
と言われたらしい。
でも、どうせならとその方は断ってワンズスタイルに声を掛けていただきました。

それで今日、瓦屋さんと一緒に調査に行ったんですが、不具合なんか一つも無し。きれいなもんです。

結局直す箇所は何処もなしということに。
調査に同行してもらった瓦屋さんには申し訳なかったですが、お客様にしたら無駄なお金を払わずに済んだので良かったですね。
点検業者に言われるままにしてたら恐らく何十万円もする工事になっていたでしょう・・・。

でも、こんな風に何処も悪くないのに煽ってお金儲けしようとする人がいまだに多いんですね。
あれだけ悪質リフォームで報道されているのに懲りずにまだやっている・・。
皆さん点検商法には気を付けてくださいね〜。

屋根の話は無くなったけど、その代わりに廊下の床を直す話をいただきました。
既存床の上にゼロホルム合板下地+無添加パインフローリングという仕様で決まりました。
ワンズスタイルお得意のアレルギーフリー仕様です。
床だけのプチリフォームですがきっと気持ち良い感じに生まれ変わると思いますよ。

ワンズスタイルは国家補助プロジェクトのケミレスタウンプロジェクトを応援しています。そして同プロジェクトに直接参加しているアトピッコハウスさんと提携してアレルギーフリー住宅に取組んでいます。

皆さ〜ん、ワンズスタイルに何も言わずに仕事頼んだらアレルギーフリーの健康空間にされちゃいますから気を付けてくださいね(笑)


イベントもブログも両方応援してくださいね!ブログランキングにもご協力をお願いね⇒


ワンズスタイルHP(ベータ版):http://ones-style.com
(お問い合わせはこちらから)


http://blog2.ones-style.com/利奈さんの気まぐれ日記
http://plaza.rakuten.co.jp/onesstyle/ワンズスタイル 本物を求めて

日本の住宅は資産価値が無い?

今日もぽちっとね晴れ 晴れ

昨日の続きになりますが、家において環境問題を考えるのは難しい。
仕事の取引先であり、パートナーでもあるオーストリア人の経営者の方と話していた時言われた言葉があります。

日本の住宅は資産価値の無いものが多すぎる。でもなぜ、その家をリフォームするのか?! 私には分からない

無意味に5年、10年のためにリフォームを繰り返すならかえって100年持つ家を建て替えた方がよっぽどマシ。環境にもそちらの方が絶対有意義だと言うのです。

反論できませんでした。
それは彼が言う言葉が正しいからです。
日本は先進国の中で際立って住宅寿命が短い国です。先進国中1番の低寿命住宅国家なのです。
平均26〜7年の寿命しかないのです。
日本人の平均寿命は80年以上ですよ!
海外では100年以上の家が当たり前のようにあるのに・・・。

しかし、日本の木造住宅は元々寿命が長かったのです。
今でも築100年以上の古民家が多くある事からも分かると思います。
しかし、戦後の高度成長期時代に建てられた住宅は貧弱なものが多いのが現実なのです。ハウスメーカーの台頭も理由の一つだとも思います。
造るから販売するに変わった住宅業界のおかげで先進国一の低寿命住宅国家となってしまったのです。

よく築1400年にもなる法隆寺を持ち出して「古来から引き継がれている木造在来工法は強いのです!」的なことを耳にしますが、それもちょっと違うかな?
現在の在来工法は基本的に戦後に出来た工法で古来からの伝統工法をいじって短期に建築できることを念頭に変革したものです。
同じ木造軸組工法でも在来工法と伝統工法とでは全然違います。
在来工法は基本的に壁で支えることが前提です。筋交いや合板で耐力壁を多くすることで強度を出そうとしています。パネル工法が増えたから逆に筋交いは古来からの技術 とイメージされがちですが筋交いの歴史も実は浅いのですよ。(戦後の技術と言っても差し支えないのでは?)

伝統工法は軸組みの粘りによって地震力に対抗するので在来工法とは全く方向性が違います。
言わば伝統工法は免震構造で、在来工法は耐震構造だと言えるのではないでしょうか。

これだけ科学が発達した現在でも五重塔の地震に対する強さの秘密は解明されていないそうです。
建物は奥が深い。。

ちなみに現在の建築基準法では純粋に伝統工法で家を建てる事は不可能です。
ですので現在は基本的に軸組み工法となれば在来工法になってしまうと思います。又はミックス。

家においての環境問題で一番重要なのは100年持つ住宅を建てることかもしれませんね。

ちなみに日本において2×4住宅は長寿命住宅には中々なり得ないような気がしています、個人的に。パネルの枠材にホワイトウッドなどを使っているうちは日本の気候風土には適応しないでしょうね。
不思議な事に2×4住宅になるととたんに使用する樹種の論議がなくなるんですよね〜。不思議です。
軸組み構造なら、桧が良い、ヒバが良いと樹種の論議が必ず出てくるのに・・。

長寿命な家を建てましょう!

今日は何かまとまりの無い話でしたね。



ワンズスタイルHP:http://ones-style.com