リフォームをお考えの方はこちらから 新築をお考えの方はこちらから
フィイスブックをされている方は下の「いいね!」ボタンに協力お願いいたします。ブログ記事はFACEBOOKウインドウの下からです。

リノベーション<新築??

*******************************************************
1月24日・25日の完成内覧会予約受付中です!(完全予約制)
>>お申込フォーム
*******************************************************


現在追い込み工事中のK様邸。

K様からは

「本当に言いたい放題言ってしまってすみません」

とよく言われます。

でもこの言葉は非常に嬉しいです。

お施主様とのコミュニケーションがしっかり取れている証拠ですから。


僕はよっぽどの事が無ければ毎日工事管理に行きます。

特にこのようにリノベーション工事は既存との取り合いの納まりに問題が多々発生するので管理者の判断が必要です。
リノベーションが新築より難しいと言われる所以はこんな所にあるのですが、素人の方は新築工事の方が難しくて格上だと思われている方が多いようです。

木造住宅の新築は乱暴に言うと図面が出来ていれば大工さん任せでも出来てしまいます。(その代わり納まりは全て大工さん次第になってしまいますが・・・)
でもリノベーションはそうはいきません。
工程工程の先に未知との遭遇があるのですから・・・。

あの○マホームがリフォーム分野にも進出してくる事が決定していますが、新築と違って直接仕事を請け負うのではなく地元工務店やリフォーム店に紹介するという形態を取るようです。
あれだけ家を新築している○マホームですが、リフォームとなると自ら工事をする事が非常に困難なのです。

新築ばかりしている会社はリノベーション工事をするのは難しいですが、リノベーション工事を手掛ける会社は新築だろうとリフォームだろうと簡単に出来てしまいます。

これはプロなら誰でも知っている当然の考え方なのですが、実際には「リノベーション<新築」というイメージになっているのが残念でなりません。

※リノベーションとは

僕はリノベーションという「建築技術」が本当に試される仕事が出来ることを誇りに思います。

過去にはこんな大変なリノベーション(3年前の記事です)をしましたが、それをこなす自分の技術は誇りだし、自慢でもあります。

ちょっと脱線しましたが
現在、大量の中古住宅のストックが問題になっていますが、ワンズスタイルのようなリノベーション技術があればそのストックを有効利用できるはずです。
新築信仰が終わりを告げる時代が日本にも近いうちに来そうな気配ですが、環境問題として考えれば正常な方向であり、良いことだと個人的には思います。

27年という日本の先進国の中では異常に短い住宅寿命も今後延びていくのでは?と期待もできます。

200年住宅とは言いませんが、せめてイギリス並の100年以上の住宅寿命を目標にしていくといいんじゃないのかな?


新しくなったホームページもご覧になってください
http://ones-style.com

1月24日、25日に完成内覧会を行います。
予約制ですので希望される方は下記リンクよりお申込をお願いします。
>>お申込フォーム


ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら

外張り断熱+塗り壁リフォーム

*******************************************************
1月24日・25日の完成内覧会予約受付中です!(完全予約制)
>>お申込フォーム
*******************************************************


1月24日〜25日の完成見学会、順次お申込をいただいています。
どうもありがとうございます。

この見学会では両日共13時よりスーパーラジエントヒーターの実演会を同時開催します。
詳しくはこちら



日経ホームビルダーの記事を読んでいると今リフォームを考えている人の一番希望が多いのは断熱リフォームだそうだ。

二重サッシにしたりペアガラスにしたり断熱材の入れ替えをしたりして断熱性能を高めるリフォームに一番関心があるようです。

という事は今年ワンズスタイルが力を入れていく「外張り断熱+塗り壁リフォーム」のニーズはピッタリ来ますね。

通常断熱材を入れ替えるとなると内装の壁材を全て撤去しなくてはなりません。
しかし外張り断熱のリフォームなら内装は全く触る必要はないし、外装も一緒に綺麗になります。

加えて窓サッシをペアガラス化した場合も外観も綺麗に納めることが出来ます。
窓の入れ替えは通常どうしても入れ替え時に出来る外壁の補修跡が目だってしまっていたのですが、ワンズスタイルのようにサッシ入れ替えと外張り断熱をすればそれも解決です。

しかも外張り断熱により気密性も上がり冷暖房効率もあがるでしょう。
昔の家はどうしても隙間が多いため気密性能が現代の家に比べ数段落ちます。

それらを解決出来るのがワンズスタイルの「外張り断熱+塗り壁リフォーム

「外張り断熱+塗り壁リフォーム」BRFORE



「外張り断熱+塗り壁リフォーム」AFTER



他社では真似できないワンズスタイル独自のノウハウ・・・

今回見学会をさせていただくK様邸でも一部採用しているので見ていただくと良いと思います。

増築した場所やサッシの入れ替えをした場所があるにも関わらず全くそれを感じさせません。
まるで新築のような外観になっています。

ご興味のある方は下記よりお申込できますので現場見学会へ是非お越しください。(詳しくはこちら

新しくなったホームページもご覧になってください
http://ones-style.com

1月24日、25日に完成内覧会を行います。
予約制ですので希望される方は下記リンクよりお申込をお願いします。
>>お申込フォーム


ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら

外壁塗り壁&天井塗装

今日はクリスマスイブ。
仕事帰りにルフランルフランで可愛いショートケーキをたくさん買ってかえりました〜
本当は丸いケーキ買う予定だったけど完売になってたので断念。
流石TVチャンピオンで日本一になっただけあって可愛いデコレーションでしたよ〜
もちろん味もグッド!

(大分食べかけてから撮影したので3個だけ・・)

さて、K様邸は仕上げ工事が着々と進んでいます。
年内に足場を外す予定ですので外観は年内にお披露目になりそう。

今日から左官さんは外壁の上塗りです。
お施主様のK様に仕上げパターンの確認をしていただきどんどん塗り進めます。


中々良い感じで仕上げってますよ。
足場のいたらまたUPしますね〜


室内では天井の仕上げ工事を。。。
塗装下地にドイツ製の紙クロスを貼っていっています。
その上にフェザーフィールという大理石粉を主成分にした塗装材を塗っていきます。(もちろん自然素材100%の無添加仕様です!)

↓↓クロスを貼っている状況です


正直、紙クロスを貼った時点でかなり綺麗な感じです。
コストが厳しい時は塗装無しでも良さそうです。

天井が終わるといよいよ壁の珪藻土塗り!
いよいよ全容が見えてきましたね〜

本物の自然素材にこだわるワンズスタイルですが、NSJの情報交換などもあって最近はバリエーションも増えてきました。

自然素材と名を打っていても実は本物と偽者がある事をあまり一般の方はご存知ありません。
でもワンズスタイルはとにかく本物を追求しているので安心ですよ〜

じゃ、今日はこんなところで・・・

では皆さんメリークリスマ〜ス!!

ご相談・お問合せはこちらから 資料請求はこちらから
  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら

クロス下地パテ

K様邸もやっと内装工事に入ってきました〜

外壁は塗り壁の下塗りがやっと終わったところ。。。
年内には外壁がお披露目できそうですね〜

で、今はクロス屋さんが入って下地のパテ処理をしています。

クロスにしろ塗り壁にしろ、とにかく下地が一番大切!
石膏ボードのジョイントの部分にパテを詰めてペーパーで削ります。
そしてまたパテ詰めしてペーパーで削ります。
そしてビス跡やボードジョイント部分を平滑にするのです。
実はクロスを貼る手間よりこのパテ処理の手間の方が大変ですし時間も要します。

塗り壁の方はもっと手間が要ります。
パテを入れるのは一緒ですが、グラスファイバーというジョイントの割れ止めのテープを入れます。
そして同じようにペーパー掛けして平滑にしていきます。



仕上げ工事は下地が命!
ここをキチンとすれば仕上がりも綺麗になるんですね〜

という事で下地は完成〜

クロス下地パテ

この下地に今回は紙クロスを貼ってさらにフェザーフィールという大理石粉を主成分とした天然素材100%の塗装材を塗りますよ〜


ご相談・お問合せはこちらから 資料請求はこちらから
  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら

リノベーション工事始まりました!

こんにちは。ワンズスタイルの神野です。
今日もとても10月の後半とは思えないほど暑い日でしたね。

さて、
かねてより準備を進めていたK様邸がようやく本格的に着工しました。

まずは解体工事から始まるわけですが、これにも数日掛かります。

解体といったら壊すだけだから簡単だと思いがちですが、そんな事はありません。

壊すのだって大変なのですよ。

ちなみにテレビの「劇的ビフォーアフター」のようなあんなド派手な壊し方はしません。(おそらくあれは演出効果を狙ってやっているのでは・・・?)

大工さんが内装材を手作業でコチコチ壊していきます。


後の納まりの問題なども考えながら壊していくのです。

構造体が見えてきました〜
K邸解体工事

便器や洗面台も消えてますね〜
K邸解体工事K邸解体工事

まだ解体だけで数日かかりそうですが、急がずあせらずやっていきます。

しかしこの位の規模となるともうリフォームとは言えませんね、ここまでいくとリノベーション工事と言えるでしょう。

K様邸はワンズスタイルお得意の自然素材だけの内装や、松山、松前ではワンズスタイルだけがノウハウを持っている(多分)「外張断熱+塗り壁リフォーム工法」など見所満載ですよ〜

また逐次ブログで進行状況アップしていきますのでお楽しみに〜

※リノベーション・・・リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすること(All Aboutより)


マイホームフェスタ2008
日時:平成20年10月25日〜29日(10:00〜17:00)
場所:アイテムえひめ


ご相談・お問合せはこちらから 資料請求はこちらから
  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら

マンションリノベーション

神野和彦ワンズスタイルの神野和彦です。LOHASな住まい創りをしています。

最近、マンションのリフォームはしていないの?
と聞かれる事が多いです。

まだ都会と違ってこちらの方ではマンションリフォームは一般的になっていないようですが、ワンズスタイルもマンションのリフォームもやっています。
内装を全て壊してスケルトンリフォームするとかなり自分の思ったとおりのリフォームになるのではないでしょうか?というか、ここまでやるとリノベーションですけどね〜

もちろんマンション内装も自然素材ですよ!

ただ多くの方がマンションは遮音規定のため無垢のフローリングは採用出来ないと思われています。
でも実際は出来ます。
状況によっては納まり上細工をしないといけないケースもありますが、合板の直張フロアで泣く泣く我慢していた方も多いのではないかと思います。

これからはマンションも自然素材でリフォームしていきたいものですね。
マンションLOHASリフォームどんどん承りますので遠慮せずに連絡してくださいね!

マンションLOHASリフォーム」の仕様は

★床:無垢フローリング(もちろんLL45認定工法♪)


(写真:桧フローリング)


★壁・天井:すっぴんクロス or はいから小町

(写真:すっぴんクロス)
(写真:はいから小町)


★建具:無垢パインドア or オーダー建具

ワンズスタイルオリジナル建具
(写真:ワンズスタイルデザイン建具)
パイン無垢建具(パイン無垢建具)


★キッチン:TEAM7 or オリジナル天然木キッチン

TEAM7キッチン
(写真:TEAM7キッチン)
パインキッチン(写真:パインキッチン)


ワンズスタイルが全国フォトコンテストで大賞を受賞したこの事例のようにアクセントに古材をあしらってもいいし。

古材のある生活 写真コンテスト 大賞作品
(写真:古材のある生活 写真コンテスト 大賞作品)

もうこうなればリフォームというかリノベーションですかね。

ある意味マンションはラーメン構造で広くオープンな構造になっているケースが多いので、スケルトンリフォームを実施すれば大幅にイメージが変わると思います。木造のようにこの柱は除けれないとか考えなくてすむので、おもしろい仕上げも出来ます。

マンションも深呼吸できる空間にしていきましょう!

ご相談・お問合せはこちらから 資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら


まどりむはこちら

ブログTOPへ

お金の駆け引きは嫌いです

神野和彦ワンズスタイルの神野和彦です。
LOHASな住まい創りをしています。

ブログランキングにも参加中ですので下のバナーをクリックしていただくと有難いです(^^)


ワンズスタイルへの資料請求はこちらから

***************************************************

僕は基本的にお金の駆け引きみたいなのは嫌いです。

値引きされる事を見越して見積書を作ったりもしません。

だけど、同業者にもお客様にもゲームのように値引きをしたりさせたりするケースが多いようです。

見積書に記載する金額はその目的となるものを作るために必要な対価なのです。
必要な対価を削られたら適正な目的物は出来ません。
当然利益もなければ工務店もハウスメーカーも飯を食っていけないのです。

値引きを生きがいみたいにしているようなお客様も中にはいます。
予算もありなるべく金額を抑えようとする気持ちは分かりますが、無意味な値引き交渉は結局自分が痛い目にあいます。
適正価格を下回れば赤字覚悟でやるか手抜きをするしかないのです
予算に納まらないのなら工事範囲やグレードを変えていけばいい話です。

だからワンズスタイルの価格は最初から適正です。
高いとは思いませんが愛媛県で一番安かったりはしないと思います。(仕入れコストは日々落とすよう努力はしていますよ)

ワンズスタイルのお客様の中にもまれに相見積りをされるお客様もいますが、結局いつも比較になりません。
それはワンズスタイルと同じ事を出来る会社がいないからです。(少なくとも商圏内には・・・)
提案も違うし使う素材も違う。
相見積りは結局設計が全く同じでそれに対する工事金額が高いか安いかで活きてくると思います。
それぞれ提案が違うのなら工事金額が違うのも当たり前ですし、金額重視なのか内容重視なのかあらかじめ決めていないと紆余曲折して結局前向いて進みませんよね。

正直、特にリフォームの場合他社と比較するのがナンセンスに感じる時もあります。。。

提案も違うし、素材も違うし、空気も違うし。。

やっぱ「あなたにお願い!」が一番嬉しいですよね〜



ご相談・お問合せはこちらから 資料請求はこちらから


  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら


まどりむはこちら

ブログTOPへ