リフォームをお考えの方はこちらから 新築をお考えの方はこちらから
フィイスブックをされている方は下の「いいね!」ボタンに協力お願いいたします。ブログ記事はFACEBOOKウインドウの下からです。

松山市 一戸建て 新築 /I様邸 基礎工事

  自然派リフォーム・新築のワンズスタイルのブログです

HP担当!水口ブログはこちら

スタッフ募集中です!(詳しくはコチラ) 
=======================

ワンズスタイルの神野です。

今日もブログ読んでくださりどうもありがとうございます。

今日はI様邸の基礎コンクリート打ちでした。

前もってJIOさんの検査を受けました。

もちろん一発合格!

こんな風に頑丈な鉄筋となりました!



全てD13という通常より太めの鉄筋を15cmピッチで細かく入れています。D10の鉄筋は使っていません。


鉄筋組上がったら生コンクリート打ちですが、生コンを打つに先だって品質管理試験を行います。



この試験で何が分かるかと言うと

1.スランプと言われるコンクリートの柔らかさを確認できます。発注した通りの柔らかさで運ばれているか確認します。

2.コンクリート中の空気量を確認します。コンクリートの中には多少の空気が入っていないと流動性が悪く、入り過ぎていると今度は強度に影響が出ます。

3.コンクリート温度を確認します。あまりにも寒い日でコンクリート温度が低すぎると所要の強度が出なくなるので施工を中止、又は適切な処置をする必要があります。

4.塩化物含有量を確認します。塩化物が多いと鉄筋に悪影響を与えるので、これも重要な確認事項です。

5.所要の強度が出るかテストピースを作って確認します。7日後、28日後に試験をして本当に想定した強度が出るか確認します。

僕は生コンは流し込んでしまうと、もう工事の後戻りが出来ないのでこのように前もって品質を確認する必要があると考えています。



これはスランプと温度を図っている様子です



これがテストピースです。後日圧縮強度試験をして強度を確認します。
この試験をしないと実際に想定した強度が出ているか確認する方法がありません。
(シュミットハンマーという簡易な測定装置もありますが、信頼性は低いです)
後ろのメーターは空気量を測定する装置です。


空気量を確認します


コンクリートにカンタブと言われる試験物を差し込んで、塩分含有量を測定します。


このようにコンクリートの品質を確認する術がたくさんあるんですね。

でも、実際には住宅建築においては、このような受入れ時の試験はされていない事が多いようです。

でも一番大事な基礎部分なのですから、このような品質管理はやっておくほうが良いと思います。



コンクリートを流し込んでいる様子です。

一番右の人が持っている電動機械はバイブレーターといってコンクリートを締め固める機械です。

あまり知識の無い土建屋さんだとこのバイブレーターをコンクリートを流すための機械だと勘違いしている人が結構います。

確かにバイブレーターを使うとコンクリートが流れやすくなって作業性が格段に上がりますが、横流しなどをしてしまうとコンクリートの骨材(砂利や砂のこと)が分離してしまうので、あまりよくありません。

あくまで締め固めのために使うものです!
バイブレータを差し込んでゆっくり引き上げるとエアが抜けます。そして密度が高くなります。
そういう役割を果たしているのです。
サッと入れてゆっくり抜くというのが本当の使い方ですが、中々実践されていないようです。



綺麗にならしてくれてますね。




打設完了です。

この後しばらく養生して立ち上がり型枠を組んでまたコンクリートを打ちます。


コンクリートは後戻りが出来ないだけにどうしても僕は慎重になってしまいます。

明日はレイタンス処理と墨出しを行う予定です。雨が少々心配ですが。。


こうやって見るとワンズスタイルは手間をかけ過ぎているように思うかもしれませんが、基礎工事は手間を惜しむ所ではないです。

しっかりとした施工を目指しています。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////


リフォーム 松山市 住宅
↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑

リフォーム 松山市

施工事例が追加されました!

ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        


松山市 リフォーム

松前町 リフォーム /ミルクペイント 珪藻土塗り 戸建

 自然派リフォーム・新築のワンズスタイルのブログです

HP担当!水口ブログはこちら

スタッフ募集中です!(詳しくはコチラ) 
=======================

ワンズスタイルの神野です。

今日もブログ読んでくださりどうもありがとうございます。


さて、今日は松前町のM様邸の様子などを。

M様邸は床を除き、白いインテリアを基調に仕上げていってます。



元々繊維壁だった壁に下塗りをしたところです。

真っ白な壁になって、これでもよさそうな雰囲気ですが、これの上に珪藻土を上塗りします。

柱もミルクペイントで白く塗りました。

少しラフな感じの仕上がりにする予定なので、塗装も悪くいえば雑な感じに塗っています。

でもこれでイイんです!

大分、昔の面影がなくなってきました。

さあ、出来上がりをどんな風になるのでしょうか? 楽しみです!


/////////////////////////////////////////////////////////////////////


リフォーム 松山市 住宅
↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑

リフォーム 松山市

施工事例が追加されました!

ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        


松山市 リフォーム

松山市 一戸建て新築 /強固な構造材!

 自然派リフォーム・新築のワンズスタイルのブログです

HP担当!水口ブログはこちら

スタッフ募集中です!(詳しくはコチラ) 
=======================

いつもブログを見ていただきどうもありがとうございます。

ワンズスタイル代表の神野です。


おかげ様で毎日忙しい日々を過ごしさせていただいています。

来週頭もNSJの仕事で湘南〜東京と出張があり、今もその準備をしています。

しかし、これが終わるとNSJの仕事はひと段落するので、やっとバリバリと本業に打ち込めそうです!


さて、先日手刻みしている様子をお伝えしたI様邸新築工事ですが、構造材にはかなりこだわりがあります。

先日の記事はコチラ→http://blog.ones-style.com/?eid=819416


まず地産地消という事で愛媛県産の杉を使い、さらにその乾燥にもこだわっています。

通常、構造材には乾燥されたものを使用します。

それは組上がった後、木が暴れたりするのを抑えるためです。

しかし、最近は乾燥のスピード化、効率化のため100度前後と言う高温で乾燥させるのが主流となっています。

しかし、これには弊害があります。実際の材木を見ると一目了然なのですが、乾燥材は木が死んでいます。乾燥前と乾燥後の材料では色が全く変わってしまっているのが通常です。

中心割れしている材も多く、水分と一緒に木に含まれている油分まで飛んでしまって粘りのない弱い材木になってしまっているのです。

ですがワンズスタイルで使う材は、中温乾燥といって50〜60度程度の低い温度でゆっくり乾燥させ、油分を保持したままの状態で水分を抜いています。

これもこだわりですね。

さらにメインフレームには太い構造材を使います



これは梁に使う材料なのですが、実に幅が6寸(18cm)もあります。

上に乗っかっているのが3.5寸角の材料なのですが、その断面積の違いが良く分かるでしょ?



これは柱材。

6寸角(18cm角)です。 迫力あります!

これも上にのっている3.5寸角の材と比べると全く大きさが違いますね!

前回の記事にも乗せたように構造材は仕口とか継手で材同士の接合部を彫り込んだり削ったりするので、実際にはかなり断面積が少なくなります。

通し柱なんか実際はかなり断面が少なくなっていたりします。

ですので、通し柱などは出来るだけ大断面のものの方が好ましいのです。

昔からある古民家などはかなり太い木を使っています。

地震の実験などでも、倒壊の原因は柱の引き抜きと1階と2階との間で柱が折れる事であることが分かっています。

現在の住宅は柱が細い。だから耐力壁が限界を超えると簡単に折れてしまいます。

メインフレームだけでも太いものを使うのが好ましいですね。

そういう考えもあり、このように構造材にはコストをかけています。



これもメインフレームの6寸幅の梁材です。

なんと長さが8mもあります!

通常の住宅は4mの長さのものを継ぐのですが、本当は1本物が望ましいのです。

誰が考えても継いだ木材より1本物の方が強いですからね。

実物を目の前にすると凄い迫力です!

6寸幅の8m物の木材を見ることなんて、一般人はもちろん、普通の建築屋さんでも中々ないので、加工場の近所の方もジロジロ見ていましたよ。



これも6寸角の柱材。

通し柱に使います。

迫力満点!


今の住宅は壁で耐力を持たす考え方なのですが、もし壁が限界を超えても建物が簡単に壊れないようにと考え、このような構造を採用しています。

構造体だけは後からリフォームで交換するという訳にはいかないので、良いものを使うようにしましょう!

また構造材については工事がもう少し進んだら記事を書きたいと思いますので、お楽しみに!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////


リフォーム 松山市 住宅
↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑

リフォーム 松山市

施工事例が追加されました!

ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        


松山市 リフォーム

埋木 /松前町 リフォーム 杉フローリング 施工管理

自然派リフォーム・新築のワンズスタイルのブログです

HP担当!水口ブログはこちら

スタッフ募集中です!(詳しくはコチラ) 
=======================

ワンズスタイルのの神野です。

M様邸リフォーム工事は床貼りが終わりました。

こちらで使ったのは杉の厚板フローリングです。



木肌もよくてイイ感じですね!

足元もあったかくていいですよ。



これは大工さんが施工している様子です。。

フローリングは継ぎ目部分に実(さね)という凹凸加工がされていて、そこに専用のクギで留めつけます。

ですが、今回はフローリングの厚さが通常のフローリングの倍の30ミリもあるのでビスで留めつけました。



貼り終わったらこんな感じになりました。

イイ感じですね(^^)





ん? キノコの山みたいなのが、所々にあります。。

これは一体なんでしょう?


実は、これはフローリングの悪い節を埋めるためにしています。

いわゆる死節(しにぶし)と言われるあまり見た目よくない節の部分に穴を開けて埋木します。

拡大するとこんな感じ



フローリングに穴を開けて、鉛筆の先みたいに木をとがらせて差し込み接着します。

接着した後、いらない部分をのこぎりで切り取り、ペーパーやカンナで削って終了。



こんな感じになります。

今は現場で埋め木したりする会社は少ないと思いますが、こういう所にもしっかり気を配ってワンズスタイルは施工します。

設計品質が良くても施工品質がずさんでは意味がないですからね。

ワンズスタイルはとにかく現場を大切にしています。

材種や仕上によってやり方は色々ですが、こういう細かい所にも気を配ってこそプロだなって思っています。

よく大工さんのセンスを嘆く同業者の方を見ますが、確かにそういう部分もあるとは思いますが、それは本来、施工管理者がしっかりしておけばいい話なのです。

きっちりと現場で指導すれば良いのですから。

そんな細かい部分まで管理するコストをかけれない!と言われそうですが、それはやはりそういう部分をお施主様にしっかり説明して施工管理に関する費用をしっかりといただくしかないでしょう。

まあ、これは営業との兼ね合いもあるから難しい所でしょうが。。。


僕はこういう所も手を抜くのが嫌いなので、当初出した見積書から値引きをしません。
最初から適正な金額で出しているつもりなので、そこから根拠のない値引きはしないのです。

はっきり言って、金額の駆け引きみたいなのも苦手ですし。 一発で見積もり出してYES!かNO!かでいいと思っています。

予算オーバーであれば工事内容の変更で対応すればいいんですから。

コストを落とせば当然建築の品質が落ちるのは分かり切っていますので。

そもそも値引きを要求するお客様はワンズスタイルにはほとんどいませんが。。


本当にお客様に恵まれていますね、僕は。


・・・・まあ、そもそも工事金額が高くないので、値引きと言われても困りますけど。。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////


リフォーム 松山市 住宅
↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑

リフォーム 松山市

施工事例が追加されました!

ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        


松山市 リフォーム

松山市 一戸建て 新築 スウェーデン式サウンディング試験

    リフォーム 松山市 伊予郡 松前町 砥部町 伊予市 東温市で、 
自然素材リフォーム、新築を行っているワンズスタイル代表 神野和彦のブログです。
ワンズスタイルの詳しい情報はワンズスタイルのサイトでご覧ください

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

HP担当!水口ブログはこちら

スタッフ募集中です!(詳しくはコチラ) 


今日はむっちゃ寒かったっすね〜

この寒空の下、地盤調査を行っていました。

機械が調査しているのをずっと観察するので寒さが身にしみる〜

これなら何か作業していた方がまだマシですね。

今日、行ったのは「スウェーデン式サウンディング試験」です。


                       試験中・・・


恐らくほとんどの住宅がこの調査方法を採用していると思います。

理由は調査費用が経済的という事でしょう。

また、木造住宅程度の規模ですと十分な内容だと思います。

測定値に基づき「換算N値」というものを算出して判定します。

換算N値というのは、もう少し大規模な建物に使われる標準貫入試験で導かれるN値に近い値を出して判定するために算出します。

今回の結果といいますと、まだ測定値からの解析結果は出ていませんが概ね良好で、おそらく地盤改良も必要がないと思われます。

あんまりこの分野のことを知ったかぶって書いていると兄に怒られたらいけないのでこのへんで。。
(兄は地質学のプロで土木系のコンサルタントをしています)


いくら建物を丈夫にしても足元がフラフラじゃいけませんからね。

やはり地盤調査は重要です。


しかし、今日は本当に寒かった〜〜


/////////////////////////////////////////////////////////////////////


リフォーム 松山市 住宅
↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑
施工事例が追加されました!

ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら


松山市住宅リフォーム 松前町住宅リフォーム 愛媛県

リフォーム 伊予郡松前町 M様邸リフォーム工事再開です

   リフォーム 松山市 伊予郡 松前町 砥部町 伊予市 東温市で、 
自然素材リフォーム、新築を行っているワンズスタイル代表 神野和彦のブログです。
ワンズスタイルの詳しい情報はワンズスタイルのサイトでご覧ください

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

HP担当!水口ブログはこちら

スタッフ募集中です!(詳しくはコチラ) 


新年からブログをあまり更新してないね〜とある方からご指摘を受けました。

では早速更新。

昨年末、なんとか屋根だけ出来たM様邸。



年越えてから内装工事を開始です。

このリフォームは出来るだけお施主様ご自身が手掛けたいという意向で、ワンズスタイル側でする部分とお施主様のDIYでする部分とがあります。

中々素人が手を出しにくい部分は僕らプロが行って、何とか自分で出来る部分はお施主みずからというミックス型のリフォーム。

目的はコスト削減も理由のひとつですが、ご自分でやってみたいという大きな興味が一番の理由です。

実際、お施主様は元々ご趣味で木工家具とか作られてたりしていて、電動の木工工具もたくさん持たれているツワモノです。

誰にでも出来ることじゃないですが、元々こういう趣味がある方はこういう形もアリなのかなと思います。

で、今回は天井の工事を行いました。

古いベニヤの竿ぶち天井を羽目板に変えるのと、天井に断熱が全くされていないので天井断熱を行いました。

天井裏



天井を撤去した部屋から隣の天井をさわらない部屋の天井裏へ入り断熱材を敷き並べています。

大工さんは狭い天井裏をアクロバティックな動きで移動していました。

僕に無理。。。

ちなみに断熱は羊毛断熱材です。

吸音と調湿に優れているので採用しました。というよりいつも使っています。

羊毛断熱材

断熱材は一か所一か所大工さんが寸法を図って切っていきます。

その後、撤去した部屋の天井下地を作り直して杉の羽目板張りしてとりあえずは完了。

ここから後はひとまずお施主さんにバトンタッチ!

ちなみにこんな感じです

こちらがBEFORE

杉羽目板

こちらがAFTER

天井だけで大分雰囲気変わりますね!

ちなみにもうひと部屋は石膏ボードを張りました。



天井はお施主様みずから塗装仕上する予定です。


こんな感じのワンズスタイルの仕事始めでした〜

/////////////////////////////////////////////////////////////////////


リフォーム 松山市 住宅
↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑
施工事例が追加されました!

ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら


松山市住宅リフォーム 松前町住宅リフォーム 愛媛県住宅新築一戸建て

松山市 I様邸 新築一戸建て /地鎮祭

 リフォーム 松山市 伊予郡 松前町 砥部町 伊予市 東温市で、 
自然素材リフォーム、新築を行っているワンズスタイル代表 神野和彦のブログです。
ワンズスタイルの詳しい情報はワンズスタイルのサイトでご覧ください

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

HP担当!水口ブログはこちら

スタッフ募集中です!(詳しくはコチラ) 


今日は松山市I様邸新築工事の地鎮祭でした。

地鎮祭

今日はとても寒く風も強い日だったのですが、無事地鎮祭を終えました。

やはり、こういった行事を行うと身が引き締まりますね!

I様、今日は寒い中お疲れ様でした。

来年から本格的に工事に入っていくと思いますが、今後共よろしくお願いします!

せっかくなので、もう少しゆっくりお話をして帰りたかったのですが、午後から所用があり早めに退散させていただきました。

さあ、年明けてからますます気合入れていかなきゃ!

それと年末年始休暇ですが、ワンズスタイルは明日29日で仕事納めです。

仕事始めは1月6日です。(12月30日〜1月5日までがお休みです)

ですので、お仕事のご連絡は1月6日以降でお願いします。

メール等の受付は受け付けておりますが、返信は1月6日以降となりますのでご了承くださいませ。


・・・・・
それと、とうとう うちの息子も新型インフルエンザに感染してしまいました。。

それもこの年末ぎりぎりに。。

熱は高いですが、元気そうなんでちょっと安心です。

お正月までには元気に戻ってくれているといいんだけどなあ。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////


リフォーム 松山市 住宅
↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑
施工事例が追加されました!

ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら


松山市住宅リフォーム 松前町住宅リフォーム 愛媛県住宅新築一戸建て

  
 
JUGEMテーマ:ビジネス