リフォームをお考えの方はこちらから 新築をお考えの方はこちらから
フィイスブックをされている方は下の「いいね!」ボタンに協力お願いいたします。ブログ記事はFACEBOOKウインドウの下からです。

断熱リフォーム /松山市リフォーム

リフォーム 松山市 住宅
↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑
施工事例が追加されました!

************************************

松山市でリフォーム中のO様邸。

順調に進んでいます。

築20年以上経つお家なので断熱性能が若干低い事もあって断熱性能UPも同時にさせています。

まず、天井には羊毛断熱材を敷き込みます。



元々天井断熱が入っていなかったため、ここに断熱材を入れるだけで大幅に変わると思います。
羊毛断熱はホルムアルデヒド等の化学物質の吸着作用も持っているのでアレルギーをお持ちの娘さんにも多少でも効果があって欲しいなと思っています。

壁の荒壁(土壁)部分にもポリスチレンフォーム断熱材を入れ込みます。



土壁は断熱性能が高いイメージがありますが、実はそれほどではありません。
羊毛断熱と比べても5分の1程度だと思われます。
ただ土壁は湿度調整する性質があるので、壁体内結露は起き難いと考えます。(羊毛断熱材も吸放湿性能がありますので同様の機能を発揮します)

断熱施工で大事なのは熱橋(ヒートブリッジ)対策
いくら高性能な断熱材を使っても隙間だらけの断熱施工をしていたのでは意味がありません。
その隙間が断熱欠損となって熱の通り道になってしまうのです。
さらに、冬に低温になり熱橋の内側 に結露やカビなどが発生する原因になるのです。

O様邸でも見落としやすい隙間にも羊毛断熱を詰め込んでいっています。
熱橋が多いのがサッシ廻り。
サッシの寸法に合わせて下地の木材が入っていますが、そこに小さな隙間が出来てしまうのです。


施工前

施工後

この部分は新築住宅でも断熱されていない家を多く見かけます。
構造見学会などでは、このような部分を見るといいでしょう。(断熱工事が終わっていればですが)

さらに天井と壁の間にわずかに出来た隙間にも丁寧に断熱材を入れ込んでいきます。


施工前
施工後

目に見えなくなる部分ですので手を抜きがちなところではありますが、ワンズスタイルではこういう所こそ大事にしています。

根本的な熱橋対策を考えるならば外断熱が一番かもしれません。
追求して考えていくと外壁に接している柱などの木材も熱橋として考えられるからです。

そういう意味でもワンズスタイルの「断熱遮熱塗り壁」はお奨めです。
建物全体をすっぽり断熱で囲んでしまえますから。
塗料メーカー系の遮熱塗料では無理ですよ。全然違うものですから。

実は裏技でもうひとつ壁に貼る石膏ボードの裏側にあらかじめこの「断熱遮熱塗り壁」を塗ってからボードを張ってしまう方法があります。
これですと室内側にも近いので暖房効率もかなり上がりますし、断熱遮熱塗り壁が持つ遠赤外線作用の恩恵も受けれます。
断熱遮熱塗り壁の表情が好きじゃないといわれる方にはこんなやり方もお奨めです。

いずれにしても断熱は丁寧な施工が一番大事。
耳付きのグラスウールを無造作に壁に取り付ける施工のやり方では少々・・・

やっぱり建築は施工管理が大事ってことですね。

あっ、それと断熱を考えるなら窓も大事ですよ〜

では。

ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら


松山市住宅リフォーム 松前町住宅リフォーム 愛媛県住宅新築一戸建て
コメント

皆さん、ワンズスタイルはお勧めです。

  • かがみん
  • 2009/05/04 14:55

>かがみん さん
どうもお勧めありがとうございます!
どちらかでお会いしましたかね?

これからも色んな方にお勧めいただけるような仕事を頑張っていきたいと思います

トラックバック
この記事のトラックバックURL