リフォームをお考えの方はこちらから 新築をお考えの方はこちらから
フィイスブックをされている方は下の「いいね!」ボタンに協力お願いいたします。ブログ記事はFACEBOOKウインドウの下からです。

社会貢献の出来る会社に

*******************************************************
1月24日・25日の完成内覧会予約受付中です!(完全予約制)
>>お申込フォーム
*******************************************************


会社は本来社会貢献が目的のはずです。

しかし日本の多くの企業はいつしか利益追求ばかりを求めるようになってしまっています。

当然、継続して会社が存在するためには利益は必要です。

しかし、その利益の得方に問題があるのではと思います。

利益を追求するあまり信頼を失くすことがあれば、商売は下手だが真面目一辺倒に仕事をしている所が倒産してしまう事もあります。

両者共失敗なのですが、その内容は全然違いますよね。

会社を運営することは本当に難しいですね。

特に建設会社は手を抜く会社が生き残る傾向が強いような気もします。
ギリギリまで抑えられた工事金額の中で工事をやりあげるには、バカ正直な施工をしていたのではやっていけないからです。

逆に真面目な会社は正当な工事をしようと思うとどうしても前者より金額が高くなり、仕事が取れない。。。 思い切って安い金額で受注しても手を抜いたり出来ないので大赤字。。。

僕の身近にもこんな話は当たり前のように聞きます。

「正義」がある会社が馬鹿を見る。
だから少々の事は目を瞑って利益追求していこうじゃないかという流れなのでしょうか?

嫌な世の中になったものです。


もうひとつ言いたい事が。

発注する側にも問題があると思います。

最近よく感じるのが何の根拠も無く値引きを要求してくる方が多くなった事。
品質低下など考えもせず値引き要求してくる人が多いのです。

建築物は受注生産品です。
基本的に受注してから作るものです。
電化製品や自動車のように完成品を売っている訳ではないのです。

受注してから作り始めるためプロならどんな細工でも出来てしまいます。
金額を抑えられたら利益確保のため素人には分からない所で手を抜きます。

しかし、これは施工者だけが悪いのでしょうか?
値引き要求した発注者には問題は無いのでしょうか?

仕事を頼む側も仕事を請ける側ももう少し考えて欲しいです。


ワンズスタイルは値引きを基本しないので低コストでうんぬんという話はあまりありませんが多くの会社は悲鳴を上げているようです。。。
(値引きをしない事をお叱りになるお客様もいますが、それは考え方の違いだと割り切っています)


中にはとても出来ないような低金額で工事を請け負って後出しジャンケンのように工事が始まってから次々と工事追加する業者もいるようです。
終わってみれば他の会社の方が安かったという笑えない話もあるのです。。。

こんな世の中になるとホント何を信じていいか分かりませんね。

だからこそワンズスタイルはとにかく「正義」を掲げて頑張っていきたいと思います。

そして微力ながらも社会貢献の出来る会社にしていきたいと思います。

1月24日、25日に完成内覧会を行います。
予約制ですので希望される方は下記リンクよりお申込をお願いします。
>>お申込フォーム


ご相談・お問合せはこちらから資料請求はこちらから

  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL