リフォームをお考えの方はこちらから 新築をお考えの方はこちらから
フィイスブックをされている方は下の「いいね!」ボタンに協力お願いいたします。ブログ記事はFACEBOOKウインドウの下からです。

素晴らしいエピソード

目指せ!!BEST10復活!↓↓

↑↑↑まずはこれを押してから読んでね!1日1回クリックしてね!


今日は僕が感動した話をこちらで紹介させてください。

日本の誰もが知っている東京ディズニーランドでのお話です。。。

僕は正直この話を読んで涙が出ました(マジです)

人に感動を与えることほど素晴らしいものはない。

本当にそう思うエピソードだと思います。

ではお読みください。


東京ディズニーランドにある若い夫婦が来ました。

レストランに入った二人は

キャスト(ディズニーランドではスタッフをキャストと呼ぶ)に案内され

家族席ではなく、当然、カップル席に通されました。

そして二人は「お子様ランチを二つお願いします」と注文しました。

「お子様ランチは9歳以下のお子様のみ」とメニューにも書いてありました。

キャストは「お子様ランチは9歳以下のお子様用となっております」と答えました。

するとその夫婦が肩を落とし、悲しそうにされる様子に何かを感じたキャストは

一歩踏み出して質問をしたのでした。

「お子様ランチはどなたがお召し上がりですか?」と。

すると奥さんが答えて言いました。

「死んだ子供の思い出に食べたくて」と。

「亡くなられたお子様のために、、、、、」キャストは絶句しました。

「私たち夫婦は子供がなかなか生まれませんでした。

求めて求めて、求め続けて、やっと待望の娘が生まれました。

でも生まれつき身体が弱く、一歳の誕生日を待たずに亡くなってしまいました。

私たちは泣いてこの一年を過しました。

でもいつまでも泣いていてはいけないと話し合って、

娘の一周忌の記念に、娘と来たかったディズニーランドに来たのです。

そうしたらゲートのところで渡されたマップに、

ここにお子様ランチがあると書いてあったので

娘との思い出に、お子様ランチを食べようと思いました」。

そう言って夫婦は目を伏せました。

するとキャストは

「そうだったのですか、どうぞお召し上がりください」と

自己判断で即座に答え

「ご家族の皆様、どうぞこちらの方に!」と

カップル用の2人席から

家族用の4人席のテーブルに夫婦を移したのです。

それから「お子様はこちらに」と

大人用のイスを外し、子供用のイスを用意しました。

しばらくして運ばれてきたのは、

3人分のお子様ランチ。

そしてキャストは

「ご家族で、ごゆっくりお楽しみください」と立ち去りました。

二人はお子様ランチを食べながら

涙が止まりませんでした。

この出来事に感動した夫婦は、帰宅後に手紙を書きました。

「私たちは、お子様ランチを食べながら涙が止まりませんでした。

まるで娘が生きているように家族の団らんを味わいました。

また娘を連れて、ディズニーランドに必ずいきます」と。



このキャストの行った行為は素晴らしいと思いませんか?
僕は思います。
そして、これはキャストだけでなく企業文化でもあるのだと思います。

このキャストが独断で行った行為は、明らかにマニュアル違反だそうです。
しかし東京ディズニーランドでは上司や先輩、同僚も彼の行動をとがめないそうです。
それどころか彼の行為は、ディズニーランドでは賞賛されたというのです。
ディズニーランドでは
『マニュアルは基本でしかない。それを越えるところに感動が潜んでいる』
考えられているからだそうです。

この素晴らしいキャストの行動と企業文化。
ワンズスタイルはもちろん僕自身が見習わないといけません。

こんな風に人に感動を与えることをしていきたいと思います。


ご相談・お問合せはこちらから 資料請求はこちらから

******************************
四国人気ブログランキングに参加中。クリックして順位アップに
ご協力お願いします〜

******************************




  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら



ブログTOPへ
コメント

マニュアル、マニュアルと
マニュアルが一人歩きしている今、
こうやって血の通った判断が
自分でできる人。
これがなかなかいないんですよね。
普通を超えること。
想像を超えること。
そこに感動はあるんですよね。

  • imokichi
  • 2007/11/25 22:24

>imokichiさん
マニュアルは多数の人間が携わる仕事には当然必要です。
でも、マニュアル通りするのか、それを越えた業務をするのかで個々の差が出てくるんでしょうね。

imokichiさんの言うとおり普通を超えなければ感動は生まれませんよね。
最後は相手を(お客様を)思いやる気持ちがどれだけ強いか?なんでしょうね〜

トラックバック
この記事のトラックバックURL