リフォームをお考えの方はこちらから 新築をお考えの方はこちらから
フィイスブックをされている方は下の「いいね!」ボタンに協力お願いいたします。ブログ記事はFACEBOOKウインドウの下からです。

畳の話

ブログTOPへ

参加中!→

今日はちょっと手抜きブログで。。。
ワンズスタイルのニュースレターである「LOHASレター」の内容を引用させてもらいました。

畳の話です。えー畳ってそうなの?って思うのでぜひ読んでください。

では(ここから引用文です)

畳のイメージって皆さんワラで出来ているイメージですよね。でも、実はワラで出来ている畳はほとんどありません。 現在、一般に流通している畳の90%は化学畳に変わり、ワラ100%の畳は全体の7%に減りました。しかも少しでもワラを使った畳はJIS規格で「防虫処理」が義務付けられています。
 畳の「防虫処理」に使用される薬剤は毒性の強い「農薬」である場合が多いのに、その危険性が論じられることはあまりありません。また、畳が昔ながらのワラでないこと、さらにこのような有害性の問題があること自体一般には知られていません。しかも、俗に言うシックハウス対策法の規制対象からも畳は除外されています。
 現在流通している稲ワラの畳には、次のような問題点が。

・お米栽培時の農薬使用による稲ワラの残留農薬
・稲ワラの乾燥不足による水分過多、害虫や害虫の卵の残留
・畳床制作時の防虫加工
・イグサ栽培時の農薬使用と残留農薬
・発ガン性が指摘される着色剤(化学染料)の使用
・畳制作時の防虫シートの敷き込み
・畳敷き込み時の現場での防虫剤散布
・流通の仕組みが奇妙で、ほとんど生産者まで辿りつけない
・化学染料で着色したイグサが高く売れる


 安全な畳を手に入れるのが困難な主な理由はイグサは無農薬での栽培が極めて困難なことと、イグサの高額での取引条件はであること(化学染料で染める事で高級品になる)。
 そして、安全性を無視したJAS規格などです。JAS規格では寸法や本数等の規定はあっても、農薬や肥料の種類や使用量、着色剤使用の有無など安全性に関する配慮等は規定がありません。
 さらに、「虫が湧いた」と言われるのを嫌う「たたみ屋さん」の不必要な「防虫処理」「防カビ剤」の使用が当然のようになっています(全体の9割を占める建材畳はワラを使っていないので、防虫処理の義務がないにも関わらず)。
 つまり、畳床・畳表などの原料にこだわっても畳を作る時に配慮をしないと台無しになってしまうの
です。 本物のたたみを正しく使うようにしましょう。

と、ここまで。

ちょっと役に立ちましたか?
こんな情報を発信するワンズスタイルの「LOHASレター」ご購読希望の方はこちらへ連絡くださいね〜。今なら「天然日和」の創刊号を一緒に送らせてもらいますよ〜。

ではでは。

******************************
四国人気ブログランキングに参加中。クリックして順位アップに
ご協力お願いします〜

******************************


  〜〜〜ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください〜〜〜
        有限会社ワンズスタイル 
        所在地:伊予郡松前町出作553-4
        電話番号089-985-0030
        FAX 089-985-0035

        メールでのご相談はこちら


まどりむはこちら

ワンズスタイルHP(ベータ版)http://ones-style.com

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL